「ベンゾジアゼピン系」睡眠薬の分類と現在、多く処方されるものを紹介する

カテゴリー

睡眠薬にはたくさんの種類がありますが、現在の主流は「ベンゾジアゼピン系睡眠薬」です(一部、「非ベンゾジアゼピン系睡眠薬」を使用することもあります)。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の分類

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、血中濃度半減期によって4つに分類されます

血中濃度半減期とは、その薬が吸収されて最高値に達した血中濃度が半分になるまでの時間のことを表しており、「超短時間作用型」「短時間作用型」「中間作用型」「長時間作用型」という4型に分けられます。

それぞれの血中濃度半減期は、超短時間作用型が約2~4時間、短時間作用型は約6~10時間、中間作用型は約20~30時間、長時間作用型はおおよそ30時間以上です。

臨床現場は多く処方される睡眠薬を紹介する

臨床現場は処方される機会が比較的多い薬剤と上記の分類を以下にまとめました。
半減期による睡眠薬の分類

超時間作用型

トリアゾラム(ハルシオン®)、ゾピクロン(アモバン® )、ゾルピテム(マイスリー®)

短時間作用型

ブロチゾラム(レンドルミン®) 、ロルメタゼパム(エバミール®) 、リルマザパン(リスミー®)

中間作用型

ニトラゼパム(ベンザリン®)、フルニトラザパム(サイトース® 、ロヒプーニル®)、エスタゾラム(ユーロジン®)

長時間作用型

フルラザパム(ダルメート®) 、クアゼパム(ドラール®)
❀現在比較的よく処方される睡眠薬を中心に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする