抗うつ薬へのQ&A|どれぐらいで治るのですか?いつまで服薬を続けるのですか?

カテゴリー

Q:どれぐらいで治るのですか?いつまで服薬を続けるのですか?

A:症例によって差があり、一概には言えないというのが正直なところですが、「2〜3か月しっかり治療すれば回復する方がほとんどです」と説明しています。

回復後も維持期を同じぐらい設けて、再燃がないことを確認しながらゆっくりと薬を減らして治療を終えます。

参考までに最近5年間の私の診療実績統計を、非常に大まかではありますが記しておきます。初診でうつと診断された患者さんの70%は2〜3か月で症状は回復します15%はそれより早く回復し10%は約半年かかりました5%は難治例であったり、のちに躁病相を呈し双極性感情障害であったことが判明したケースでした。

Q:抗うつ薬は癖(依存)にはなりませんか?

A:ご心配は、薬が癖になる=依存という意味だと思いますが、抗うつ薬自体は依存性物質ではありませんし、作用するセロトニンやノルアドレナリンも依存性物質ではありません。

ですから薬理学的には依存はないと考えられます。しかしながら、不用意に抗うつ薬が長期に投与された結果、脳内の恒常性が健康なときから変化して抗うつ薬がないといられない状態に変化したり、この薬がないとダメというような精神依存が形成されてしまう恐れは十分にあります

しかし通常の治療で、例えば6か月程度使用したケースで、依存が生じたり、抗うつ薬を止められなくなったケースを私は経験したことはありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする