代謝性意識障害の原因は「脱水」「アルコール」「処方薬」が多く、治療を体系的に把握するのは難しい

代謝性意識障害

代謝意識障害は老年期に特有なものではありませんが、加齢によりすべての生体機能が低下す る老年期には起こりやすくなる、という意味で解説しておきましよう。

「脱水」

一番頻度が高いのは、脱水を原因とする代謝性意識障害です。渴きのセンサーが鈍くなるしとや、 空調による不感蒸泄、本人が尿失禁を気にして水分補給をためらうなど、さまざまな原因が考えられます。

最近では、夏期の猛暑が原因で脱水症状を呈する高齢者が非常に多く、夏期はハイリスクシーズンです。

「アルコール」

また、脱水状態にある身体に過剰なアルコールを摂取した結果でも、代謝性意識障害が引き起こされます。

この10年間の統計では、アルコール摂取の問題で受診する高齢者が 年々増えている現状があります。

症状改善のためには、脱水には「輸液」、アル コール問題には「解毒」といった対処療法を行い なから、脱水の場合には水分補給の大切さを指導したり、アルコール問題の場合には断酒(アル コールを減らすのではなく断つ)指導を行っていきます。

処方薬

処方薬による副作用で、代謝性意識障害が起こることもあります。 前述の夜間せん妄の項に記したように、ベンゾジアゼピン系抗不安薬による過鎮静によってせん妄様の症状が出たり、睡眠導入薬の効果の遷延が原因でせん妄様の症状が出るといった現象です。

処方薬を原因とする場合には、薬剤の見直しを行って原因を取り除いていかなければなりません。

老年期の精神障害とその薬物療法についてお話してきましたが、その病態は非常に多彩です。治療指針を体系的に把握するのは難しいものがあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です