抗てんかん薬へのQ&A てんかん発作は治まったのですか、眠気が出てつらいときがあり、このまま続くのでしょうか?

カテゴリー

Q:抗てんかん薬を飲んで以降、んかん発作は治まったのですか、眠気が出てつらいときがあり、眠気はこのまま続くのでしょうか?

A:抗てんかん薬に限らず、精神科で処方される薬の多くに、副作用として眠気がみられます。この眠気は、 服用したすべての人に起こるわけではありませんが、私の経験では服用初期には8割近くの人が眠気を訴えます。

その後徐々に眠気が軽くなり、さほど気にならないレベルになることが多いのですが、そのまま続く人もいます。

てんかんの治療は、眠気と発作のコントロール、そしてその他の副作用などをすべて考慮した 上で、生活する上で一番よいと思われる絶妙なところを探す治療です。

どんなにうまく調節しても眠気を完全に取り除くことができない場合もあります。ただ、生活が困難になるほどの眠気がある 場合は調整が必要だと思いますので、担当医に相談してみてください。

Q:長らく発作は起きておらず、薬の種類や量も変わらなくなりました。それでも、定期的な血中濃度測定は必要ですか?

A:血中濃度が治療において必要とされている薬剤では、処方が変わらなくなった時期(維持期)でも血中濃度を測定し続けます。

多くは、薬剤が症状をコントロールできているかどうかをチェックするため、そして中毒(過量)域になっていないかをチェックするために行います。

てんかん薬の血中濃度を測定する意義は3つあります。

1.抗てんかん薬が、本当にてんかん発作をコントロールできているのかを確認するため(偶然発作が起きていないのではなく、抗てんかん薬の効果により発作が治まっていることを確認するため)。

2. 中毒(過量)域になっていないかをチェックするため。

3. 服用した量に対して血中濃度がいつも同程度の比率であるかをチェックするため(吸収や代謝に問題があると、比率が変化する)。

このような理由により、抗てんかん薬は血中濃度測定を継続する必要があるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする