体の柔らかさを高めると疲労回復し、血行がよくなって、心身の老化を防ぐ。

 

1.腕伸ばし

①足を肩幅に開いて、両手を胸の前で組んで立つ
②両腕をゆっくりと大きく外側に伸ばす
③完全に伸ばした時には腕に力を入れ、5秒間停止する
④ゆっくり元に戻す動作を5~10回反復する

「伸ばす時に、顔を腕の中に入れ肩を曲げてもよい」

 

 

 

 

2.腕の押し上げ横曲げ

①足を肩幅に開いて、両手を胸の前で組んで立つ
②両腕をゆっくりと大きく頭上に押し上げる
③肘を伸ばしたまま、右側に少し曲げ5秒間停止する
④ゆっくり元に戻し、左側に少し曲げ5秒間停止する
⑤元に戻し、腕を胸の前に下げる動作を5~10回反復する
⑥横に曲げるときに真横に曲げ、反動をつけない

 

 

 

 

3.体前屈

①足を肩幅に開いて、背中を伸ばして立つ
②膝を伸ばし、背中を伸ばしたまま上体を曲げる
③両手をお尻 、太股 、膝、足首の後の順にゆっくり下げる
④足首の後で5秒間停止する
⑤ゆっくりと立つ動作を5回反復する
⑥曲げる時に、反動をつけない

「腰痛の人は無理にする必要はない」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です