抗うつ薬種類 従来薬と新世代薬との大きな違いがある

カテゴリー

抗うつ薬はその化学構造や化学的な特性で分類されていて、たくさんの種類があります。日本国内で治療に使用可能な抗うつ薬で、現在比較的使用されることの多いと思われます。

大きく分ければ、二つ種類がある

大きく分ければ、二つに分けられます。

それは古くから使われていて従来薬と称される「三環系」「四環系」抗うつ薬と新世代薬といわれる「SSRI:選択的セロトニン再取り込み阻害薬」「 SNRI :選択的セロトニン・ノルアドレナリン 再取り込み阻害薬」「NaSSA:ノルアドレナ リン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬」になります。

従来薬と新世代薬との大きな違いがある

約50年前に登場した三環系抗うつ薬も、主たる作用はノルァドレナリン再取り込み阻害作用なのです。

また、セロトニンに関連して作用するこ とも同じなのですが、従来薬ではうつの原因としては直接関係ない他の神経伝達物質にも影響しては直接関係ない他の神経伝達物質にも影響してしまいます。これが副作用の発現に大きく関わっているのです。

つまり、従来薬と新世代薬との違いは、「その他の神経伝達物質への影響の大きさ」の違いなのです。

セロトニンやノルアドレナリン量の調節に関連した部分に、より親和性(結合しやすさ、くっつきやすさ)が高く、その他の神経伝達物質に関連した場所には親和性が低いという特性を「選択性」といいます。

新世代の抗うつ薬はこの「選択性」により、副作用や毒性が大きく軽減されたという点が特徴なのです。今、世界的には新世代の抗うつ薬を第一選択にする治療が主流です。

古くからある三環系や四環系抗うつ薬は出番がない?

そんなことはありません。三環系、四環系抗うつ薬はどちらかといえば副作用が目立つと言う目立つと言う意味で二番手になりがちですが、効果が低いと言う意味ではありません。

抗うつ効果は早くに発現されるといった研究結果や難治例、重症例には従来薬のほうが効果が高いと評価をする研究報告もあります。

ですから、抗うつ薬はどれが一番よいというのではなく、個々の症例にあわせて選択していくようにします。

日本で処方される抗うつ薬の分類を紹介する

三環系

*ホィミプラミン(ィミドール®、トフラニール®)
*クロミブラミン(アナフラニール®)
*アモキサピン(アモキサン®)、など

四環系

*マプロチリン(ルジオミ—ル®)
*ミアンセリン(テトラミド®)
*セチプチリン(テシプール®)、など

SSRI

*ネフルボキサミン(デプロメール®、ルボックス®)
*パロキセチン(パキシル®)
*セルトラリン(ジェイゾロフト®)

SNRI

*ミルナシプラン(トレドミン®)
*デュロキセチン(サインバルタ®)

NaSSA

*ミノけザピン(レメロン®、リフレックス,

※三環系、四環系抗うつ薬については現在比較的よく処方される抗うつ薬を中心に記載

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする