うつ状態になる原因とうつ病時にみられる症状(身体・精神方面)

カテゴリー

私たちは普段、生活の中で「(気分が)うつみたい」と表現することがありますが、たいていは意識しないうちに改善されて、生活に支障は残りません。

人生のうちにはさまざまなライフイベントがあり、健康な人でも当然それに相当した気分の波があります。

短期間だけを取り上げてみれば、うつ状態や躁状態と思えるような変化はしばしばあるものです。しかし、そうした波は当然病気ではありません。

うつ状態になる原因

では、メンタル障害として扱われるうつ状態“うつ状態”“うつ病”とは、どういったなのでしょう。

私が臨床で判断するときは、憂うつな気分、落胆、やる気のなさなどの症状が途切れることなく毎日持続し、生活に何らかの支障が出るような場合、また、いくつかの関連して症状がみられ、それが今までに経験したことがないか重く、2週間以上続き改善がみられないような場合に、うつ状態、うつ病と判断しています。

うつ病の症状

うつ病にきられる症状にはさまざまなものがあり、精神症状に限らず、身体症状としても現れます。代表的なものを以下に記します。

うつ病の身体症状

消化器症状:食欲減退、味覚異常、便秘

生殖器症状:性欲減退、ED(勃起不全)、不感症、月経異常

全般症状:易疲労感、脱力感、無力感、疼痛、心悸亢進

うつ病の精神症状

気分の異常:抑うつ気分

思考の異常:集中困難、判断力・決断力低下、絶望感・劣等感

意欲の異常:活動量低下、表情表出の減少、精気の欠如

睡眠障害:入眠障害、熟眠困難、早期覚醒

その他の症状:不安感、焦躁感

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする