不安なことに焦点を当て続けているうちに、今ある幸福を忘れてしまう恐れがある

楽天的な人は、バラを見て、とげは見ない。
悲観的な人は、とげばかりじっと見つめているうちに、
美しいバラの存在をわすれてしまう。
ーカリール・ジブラーン(アメリカ)
不安なことに焦点を当て続けているうちに、今ある幸福を忘れてしまう恐れがあります。

自分の中に見たいという気持ちさえあれば、
どこにいても
どんな状態にあっても
いつも美しい花を見ることができる。
ーアンリ・マティス(フランス)
不安の恐ろしいところは、自分自身を弱い存在であるかのように、錯覚させられることです。

人間一人ひとりが
もう少し「誇り高く」生きることが
大切ではないでしょうか。
大きな花、豪華な姿で咲き誇る花を羨み、
自らを卑下することなく、
「小さきは小さく咲かん」
という健気さとプライドを持って生きること。
それはまた、他人にもその人なりの、
その人にしか咲かせることのできない
花を咲かせようとする姿でもあります。
ー渡辺和子(日本)
コンプレックスすることは必要がなく、自分ができる範囲で幸せ生活することが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です