食事による不眠症改善」カテゴリーアーカイブ

バナナにある成分は睡眠の質の高めに重要な役割を担っています!

バナナはバショウ科バショウ属のうち、果実を食用とする品種群の総称です。

また、その果実のことはいくつかの原種から育種された多年草です。

種によっては熟すまでは毒があるものもあります。

日本では古くは芭蕉と呼ばれたが、実を食するものは実芭蕉とも呼ばれます。

「マグネシウム」「カリウム」は、不眠症に大きく関わっているとされるミネラルです。

マグネシウムやカリウムが不足すると、なかなか寝つけなかったり、頻繁に目覚めてしまったり、熟睡できないといった睡眠障害が出ます。

バナナにはマグネシウムやカリウムだけでなく、「トリプトファン」も豊富に含まれています。

「トリプトファン」と言う成分は睡眠の質を高めるために重要な役割を担っています。

トリプトファンは体内に入って、血液に乗って脳に送り込んでいます。

そして、トリプトファンは脳内で神経伝達物質である「セロトニン」の原料となります。

セロトニンは気持ちを落ち着けられるので、セロトニン不足になると心がリラックスできなく、眠ることができなくなってしまうのです。

さらに、セロトニンは「メラトニンの原料」にもなるので、夜になるとメラトニンが分泌されます。

メラトニンというのは睡眠物質と呼ばれているもので、メラトニンが正常に分泌されていないと質の高い睡眠はできなくなってしまいます。

就寝1時間半〜1時間ほど前に、バナナ半分程度を食べるだけで、快眠効果が期待できます。

ハチミツと不眠改善 心地よさや穏やかな気持ちを生み出す

ハチミツとは

ハチミツとはミツバチは花の蜜をコレクションして、巣というところで加工してから貯蔵するものです。

世界でとても純粋で、甘い蜜と言われます。

約八割の糖分と二割の水分から構成されるものです。

ハチミツは微量の栄養素など(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、有機酸、酵素、色素、香気物質)も豊富に含有しています。

だから、ハチミツは人間の食生活に深く関わるとは過言ではありません。

人間は初めてハチミツが甘い調味料として使用されます。

ハチミツと食生活

蜂蜜が人々の食生活に広く浸透し始めたとともに、現在でもジャム・プレザーブはもちろんのこと、レモンやゆずなどの果物、生姜などの野菜をそのまま蜂蜜漬けにしたものなどが日常的に食事を多彩しています。

その他蜂蜜を固めて作ったのど飴や、蜂蜜ドリンクなど、さまざまな加工食品が製造されています。

たとえば、魚の臭みを減らす働きをするために、浸透性の高さによって肉の組織に浸透し、過熱による肉の収縮・硬化を防ぐために、リンゴ・レンコン・ゴボウなどの褐色変化を防ぐイースト菌の発酵を促進するためにハチミツを使用される例が多いです。

ハチミツの薬用価値

または、ハチミツは薬用価値もあります。この価値は多くの医学書類で記載されています。

その多くの薬用価値の中で、心腹の邪気による病を治し、驚きやすい神経不安の病やてんかんの発作をしずめるものが注目しています。

ハチミツに「セロトニン」であるホルモンを分泌させる「トリプトファン」という成分を多く含有しています。

そして、セロトニンにはストレスを緩和すること、心地よさや穏やかな気持ちを生み出すことにおもな役割を担います。

私の場合は毎日、就寝1時間ほど前に、ホットミルクや温かいハーブティーティーに、1杯のハチミツを混ぜて飲んでいます。本当に効果的です。