バナナにある成分は睡眠の質の高めに重要な役割を担っています!

カテゴリー

バナナはバショウ科バショウ属のうち、果実を食用とする品種群の総称です。

また、その果実のことはいくつかの原種から育種された多年草です。

種によっては熟すまでは毒があるものもあります。

日本では古くは芭蕉と呼ばれたが、実を食するものは実芭蕉とも呼ばれます。

「マグネシウム」「カリウム」は、不眠症に大きく関わっているとされるミネラルです。

マグネシウムやカリウムが不足すると、なかなか寝つけなかったり、頻繁に目覚めてしまったり、熟睡できないといった睡眠障害が出ます。

バナナにはマグネシウムやカリウムだけでなく、「トリプトファン」も豊富に含まれています。

「トリプトファン」と言う成分は睡眠の質を高めるために重要な役割を担っています。

トリプトファンは体内に入って、血液に乗って脳に送り込んでいます。

そして、トリプトファンは脳内で神経伝達物質である「セロトニン」の原料となります。

セロトニンは気持ちを落ち着けられるので、セロトニン不足になると心がリラックスできなく、眠ることができなくなってしまうのです。

さらに、セロトニンは「メラトニンの原料」にもなるので、夜になるとメラトニンが分泌されます。

メラトニンというのは睡眠物質と呼ばれているもので、メラトニンが正常に分泌されていないと質の高い睡眠はできなくなってしまいます。

就寝1時間半〜1時間ほど前に、バナナ半分程度を食べるだけで、快眠効果が期待できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする