月別アーカイブ: 2017年6月

代謝性意識障害の原因は「脱水」「アルコール」「処方薬」が多く、治療を体系的に把握するのは難しい

代謝性意識障害

代謝意識障害は老年期に特有なものではありませんが、加齢によりすべての生体機能が低下す る老年期には起こりやすくなる、という意味で解説しておきましよう。

「脱水」

一番頻度が高いのは、脱水を原因とする代謝性意識障害です。渴きのセンサーが鈍くなるしとや、 空調による不感蒸泄、本人が尿失禁を気にして水分補給をためらうなど、さまざまな原因が考えられます。

最近では、夏期の猛暑が原因で脱水症状を呈する高齢者が非常に多く、夏期はハイリスクシーズンです。

「アルコール」

また、脱水状態にある身体に過剰なアルコールを摂取した結果でも、代謝性意識障害が引き起こされます。

この10年間の統計では、アルコール摂取の問題で受診する高齢者が 年々増えている現状があります。

症状改善のためには、脱水には「輸液」、アル コール問題には「解毒」といった対処療法を行い なから、脱水の場合には水分補給の大切さを指導したり、アルコール問題の場合には断酒(アル コールを減らすのではなく断つ)指導を行っていきます。

処方薬

処方薬による副作用で、代謝性意識障害が起こることもあります。 前述の夜間せん妄の項に記したように、ベンゾジアゼピン系抗不安薬による過鎮静によってせん妄様の症状が出たり、睡眠導入薬の効果の遷延が原因でせん妄様の症状が出るといった現象です。

処方薬を原因とする場合には、薬剤の見直しを行って原因を取り除いていかなければなりません。

老年期の精神障害とその薬物療法についてお話してきましたが、その病態は非常に多彩です。治療指針を体系的に把握するのは難しいものがあると思います。

老年期にみられる夜間せん妄の治療法は、「生活改善」と「薬物療法」が基本的です。

夜間せん妄の原因

夜間せん妄は、せん妄のなかでも夜間に起こるものをいいます。せん妄は意識の混濁が原因で す。低覚醒により、激しい精神運動興奮を起こします。子どもが寝ぼけている状態(低覚醒状態)で、何かに驚いてパニックを起こす様に似ています。

このような状態では外界から入ってくるさまざまな情報が適切に処理できないために、不安や恐怖が極限に達します(いきなり言葉も知らない 外国の街角に1人で放置された状態を想像して みてください。そんな状態の何倍もの怖さがせん 妄状態の不安だといわれています)。

特に夜間に現れやすいのは、夜になると生理的に眠気が出て低覚醒となり、視覚情報が減ってくるため、せん妄が起きやすい環境となるからです。

なお、ベンゾジアゼビン系の抗不安薬による過鎮静によってせん妄様の症状が出たり、睡眠導入薬の効果の遷延が原因でせん妄様の症状が出ることもあるので、そうしたことが原因になっていないか、注意して鑑別するようにします。当然ながら、それらが原因と考えられる場合の対処方法は、抗不安薬や睡眠薬の中止です。

生活改善と薬物療法が基本

老年期にみられる夜間せん妄の治療法は、「生活改善」と「薬物療法」です。

生活改善は、薬物療法の効果を最大限に上げるためにも必要です。具体的には夜間にしっかりと 睡眠が誘発されるように、昼間の活動性を上げることです。

薬物療法の第一選択は、脳循環代謝改善薬でドーパミン受容体遮断作用のあるチアプリド(グラ マリール®)という臨床医が多いようです。

次に少量のハロペリドールや、非定型抗精神病薬を試みる (適応は統合失調症のみではあるのですが)という意見が多いようです。

私の場合はこれ以外にドーパ ミン拮抗作用のあるbenzamide系抗精神病薬であるスルピリド(ドグマチール®を使うこともあります。

なお、このような夜間せん妄などへの薬物療法として高齢者に抗精神病薬を使う際には、副作用が出ていないかを十分に観察することが大切です。

そして期待する効果が得られているかをきちんと判断していくことも重要です。効果が得られていないのに抗精神病薬を漫然と使うようなことは避けなければなりません。

発達障害をもつ人への薬物療法は必要かを分析しましょう。

発達障害とは

「発達障害」は大変大きな概念であり、さまざまな障害を含んでいます。この概念は“機能障 害”という観点で考えると理解しやすいはずです。

大多数の人に発現している機能が、身体面・精神面に遅れて発現する、または発現しきれないケースと考えればよいと思います。

一般的には“成長の遅れ”というイメージが強く、そこから精神遅滞のみを指すと思われがちですが、精神科領域で扱う発達障害はそれだけではありません。

大きく分けて、精神遅滞、学習障害、自閉性障害、広汎性発達障害、注意欠陥/多動性障害を扱います。

発達障害に薬物療法は必要か?

最新の脳科学研究でも発達障害の原因は明らかにされていません。しかし原因が明らかでないといっても、今後の研究で発達障害が根治できるような治療法がみつかるかというと、そうした展望に関しても「難しい」といわれています。

現時点で、発達障害の原因として考えられている有力な仮説は、脳神経のネットワークの構築の段階で何らかの問題が生じ、ネットワーク形成不全か発生した結果、障害へと発展するのではないかというものです。

しかしそうなると、現在臨床で用いられている向精神薬は、ネットワーク形成不全を改善させるような働きはもっていないため、発達障害の治療には効果を発揮できないことになってしまいます。

では、発達障害をもつ人に薬物療法は無効なのでしょうか。

たった一度きりの人生で,何かを成し遂げることも大切ですが楽しむことも大切です。

幸福人とは、過去の自分の生涯から満足だけを記憶している人々であり、
不幸人とは、その反対を記憶している人々である。
~萩原朔太郎(詩人)
過去の自分の生涯を感謝して、満足すべきです。新しい日がすぐ来るので。

薬を10錠飲むよりも、心から笑った方がずっと効果があるはず
~アンネ・フランク(『アンネの日記』の著者)
ある時、いい気分は薬より効果的です。

今日の最悪の病気はハンセン病でも結核でもなく、
自分は不必要な存在だという思いである。
~マザー・テレサ
自分は世界で唯一な存在で、価値があります。

変化は人生の法則だ。過去または現在しか見ない人は確実に未来を見失う。
~ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ(第35代アメリカ合衆国大統領)
ただ過去または現在を見える人は将来を見ないで、希望を持って、未来に行きましょう。

抗パーキンソン病薬を服用する方は幻覚・妄想が引き起こされることがあるのを注意して下さい。

さて、黒質線条体のドーパミンが減っていることで運動障害を発症するパーキンソン病に対し て、ドーパミンを増やすはたらきのある抗パーキンソン病薬を使うわけですが、この薬は黒質線条体にあるドーパミン神経細胞だけに作用してくれず、脳のその他の部位にも作用してしまいます。

そのことから、抗パーキンソン病薬が思わぬ副作用を招いてしまうことがあるのです。

例えば、必要としないドーパミンが中脳辺縁系で増加するとどうなるでしよう。そうです、統合失調症のように、幻覚・妄想が出現すると考えられます。

あくまでも私の経験であり、理由はよくわからないのですが、パーキンソン病の患者さんが体験する幻覚には「幻視」が多いように思います。

夕刻になって視覚情報が減じてきたときに、錯覚から幻視へと発展することが多く、虫や小動物、人影(幽霊)が見える、などの訴えをよく耳にします。

また妄想の内容としては、老年期によく認められる、自分に危害を加えようとしているのではないかといった被害妄想ではなく、実際に危害を加えられたという妄想や迫害妄想が多いように思います。

対処について

対処としては、まず、ドーパンミンを増やすはたらきのある抗パーキンソン病薬の投与量を減じることで、 ドーパミンを適切量まで減らすよう試みます。

抗パーキンソン病薬を限界まで減量したあとにも幻覚・妄想が続くときには、抗精神病薬をごく少量から投与し、抗精神病薬のドーパミン遮断効果によって中脳辺縁系のドーパミンが適切量になるように調整していきます。

抗精神病薬を投与するとき、定型抗精神薬は錐体外路系症状を惹起する可能性が高いため、できる限り錐体外路症状の発現リスクが少ない非定型抗精神病薬を投与するのが好ましいといえます。

ところが、日本国内で使用できる非定型抗精神病薬はすべて、「統合失調症にしか適応が認められていない」という現実があります(今後の適応拡大に期待したいところです)。そのためやむを得ず私は、定型抗精神病薬をごく少量で用いるようにしています。

定型抗精神病薬のなかでもドーパミン拮抗作用の高いハロペリドール(セレネース®など)を少量使用することが多いのですが、少量でもひどい副作用が出現する症例も少なくありません。

そのような場合はハロペリドールほどの作用はないものの、ドーパミン拮抗作用をもつ脳循環改善薬のチアプリド(グラマリール®など)を用いています。

抗てんかん薬へのQ&A てんかん発作は治まったのですか、眠気が出てつらいときがあり、このまま続くのでしょうか?

Q:抗てんかん薬を飲んで以降、んかん発作は治まったのですか、眠気が出てつらいときがあり、眠気はこのまま続くのでしょうか?

A:抗てんかん薬に限らず、精神科で処方される薬の多くに、副作用として眠気がみられます。この眠気は、 服用したすべての人に起こるわけではありませんが、私の経験では服用初期には8割近くの人が眠気を訴えます。

その後徐々に眠気が軽くなり、さほど気にならないレベルになることが多いのですが、そのまま続く人もいます。

てんかんの治療は、眠気と発作のコントロール、そしてその他の副作用などをすべて考慮した 上で、生活する上で一番よいと思われる絶妙なところを探す治療です。

どんなにうまく調節しても眠気を完全に取り除くことができない場合もあります。ただ、生活が困難になるほどの眠気がある 場合は調整が必要だと思いますので、担当医に相談してみてください。

 

Q:長らく発作は起きておらず、薬の種類や量も変わらなくなりました。それでも、定期的な血中濃度測定は必要ですか?

 

A:血中濃度が治療において必要とされている薬剤では、処方が変わらなくなった時期(維持期)でも血中濃度を測定し続けます。

多くは、薬剤が症状をコントロールできているかどうかをチェックするため、そして中毒(過量)域になっていないかをチェックするために行います。

てんかん薬の血中濃度を測定する意義は3つあります。

1.抗てんかん薬が、本当にてんかん発作をコントロールできているのかを確認するため(偶然発作が起きていないのではなく、抗てんかん薬の効果により発作が治まっていることを確認するため)。

2. 中毒(過量)域になっていないかをチェックするため。

3. 服用した量に対して血中濃度がいつも同程度の比率であるかをチェックするため(吸収や代謝に問題があると、比率が変化する)。

このような理由により、抗てんかん薬は血中濃度測定を継続する必要があるのです。

 

アボカドとえびのオードブル 口の中がさっぱりしていると幸せになろう!

アボカドとえびのオードブル

材料(4人分)

アボカド・・・2個(400g)            無頭えび・・・6尾
A 水・・・1カップ               A 白ワイン・・・大さじ1
A 「瀬戸のほんじお」・・・小さじ1        トマト・・・1/6個(30g)
B 「ピュアセレクト マヨネーズ」・・・大さじ3   B レモン汁・・・小さじ1
B 粒マスタード・・・小さじ1/2         B 「瀬戸のほんじお」・・・小さじ1/4
B 黒こしょう・・・少々             イタリアンパセリ・・・少々

❄調理時間:10分

作り方

(1)えびは殻つきのまま背ワタを取る。小鍋にAを煮立て、えびを入れて弱火で2分ゆでる。汁につけたまま冷まして殻をむき、1cm幅のブツ切りにする。

(2)トマトは5mm角に切る。

(3)アボカドはタテに1周切り込みを入れてひねって2つに分け、種を除く。果肉をスプーンですくって取り出し、ボウルに入れ、フォークで粗くつぶす。アボカドの皮はとっておく。

(4)(1)のえび、Bを加えて混ぜ合わせ、(3)のアボカドの皮を器にして盛り、(2)のトマトをのせ、イタリアンパセリを飾る。

認知症治療薬を服用してから、どれくらいで効果が現れるか?重い副作用があるかを解説します。

どれくらいで効果が現れるか

効果を発現するとき、それを実感するのも家族です。3〜4週間で少し変化がみられ、6〜8週間で少し効いていると実感するようです。

ご家族の言葉を引用すれば、「会話のなかで表情が豊かになり疎通がとれていることがわかる」「何度も同じことを言ったり聞いてくることが少なくなった」「自分から何かをしようという意欲がみられるようになった」といったように効果を実感されるようです。

かなり軽度のうちに治療を開始し効果がみられた患者さんでは、患者さん自身が記銘力の改善や記憶想起が早くなった(特に人の名前や物品の名称が思い出せるようになった)と言われることもあります。

重い副作用は?

アセチルコリンの分解を阻害するという特徴上、ドネベジルの副作用で比較的よくみられる副作用に、嘔気や嘔吐、食欲不搌、腹痛や下痢があげられます。

重い副作用は稀ですが、全くないわけではありません。最も重い副作用には、徐脈やそれに伴う失神があげられます。

その他には消化性潰瘍の既往がある方は胃潰瘍の発現(再発)率が高いと報告されています。頻度はさらに少ないのですが、最近横紋筋融解症の報告もあります。

過去にとられて生きにくいときは、過去をきれいに捨てればいい思う。新しい希望をいただいて、前向きに生きていこう!

自分の努力である程度は人生の軌道修正ができたとしても、結果また、生まれ落ちたような環境に戻る人が多いように思えるんですが。

過去にとらわれすぎてはいけない。とらわれている人が多すぎるんだな。

楽しいことだけ覚えておくなんて器用なことはできないから、過去はすべて捨てるのがいいと思う

どうやって捨てるんですか?人のために必死にいまを生きればいい。東日本大震災から数日後、気仙沼の高校2年の女の子からイメージが届いた。

中学生の頃から「もう死ね」というメールをいっぱい送ってきた子なんだけど、「私の家は津波で流された。でも家族は全員無事で避難場所にいます。

知り合いの医師からすすめられてボランティアをしています。私が担当しているおばあちゃんが昨夜、毛布をかぶって『寒い寒い』って震えていたの。

かわいそうだから、私の毛布も掛け抱きしめてあげたら、おばあちゃん、なきながら『ありがとう』って。やっと先生が言ってたことが分かったよ。

私が死ねって言う度に、『人のために何かしてごらん。返ってくる、ありがとうの一言が、明日を生きる力になる』って言ってくれたよね。

私、死なさい。これからは一生懸命勉強して、看護師さんになる。ありがとう」。

これが人間の本質だと思います。愛さん、あなたもまだ若い。大丈夫です。

新しい希望をいただいて、前向きに生きていこうと思えました。人間は素晴らしい存在。どんな人の中にも優しさはある。その優しさが地球全体を覆ったら、どんなに平穏な社会になるか。

忘れてならないのは、人類は今まで一度も滅びたことがないということ。

多くの「お母さん」「お父さん」「近所のおばあちゃん」、そんな人たちが優しさを与えて支えあってきたから、みんな生き延びてこられた。

微力ながら僕もまだまだ、「夜回りおじいちゃん」で頑張ろうと思います。今年、還暦なので。

自己判断で抗でんかん薬を中止することがとても危険だと考える

抗てんがん薬の中止を考える?

医師の判断ででんかん薬を中止する

てんかん患者さんの発作の型や年齢などによっで治療の計画は異なります。

なかには抗てんかん薬を生涯にわたって服用する場合もありますが、概ね治療を開始してから3年以上発作がなくかつ定期的な脳波検査の所見で発作波がない場含は、減量しはじめる医師が多いようてす。

これについては特にガイドラインなどはなく、各治療者の判断に委ねられています。

私の場合は、抗てんかん薬の中止を考えて減量をはじめるのは、やはり薬を開始してから3年以上発作を認めない場合、としています。

減量方法

減量方法は各患者さんによって異なりますが、発作の再発、血中濃度の変化、脳波検査の結果に 注意しながら、6か月くらいかけて中止していきます

なかには途中で発作が再発したり、中止後しばらくして再発するケースもありますが、その際は以前投与していたものと同じ抗てんかん薬を、できる限り少量で再投与して経過観察します。

自己判断での服薬中止が危険な理由

てんかんの治療は多くのケースで長期治療となります。

抗てんかん薬の治療の目的は発作が起きないようにコントロールすることですが、発作が起きない期間が長くなると、どうしても抗てんかん薬の服用と発作のコントロールの関係が実感できなくなることや、治ったと思い込み、自己判断によって服用をやめてしまったり薬を減らしてしまうことがあります。

私の経験では、このような自己判断での中止や減薬をすると、必ずといっていいほど発作は再発します。

また発作が再度起こってしまったことで、再度同じ種類と量の抗てんかん薬の服薬を再開しても、以前のように発作がコントロールできなくなるケースが少なくありません。

ですから、抗てんかん薬は絶対に自己判断で飲んだりやめたりせずに、服薬を遵守することが大切なのです。